北太2

性的な表現が多数含まれています。

 「初めてのオナニー」 思春期の思い出・その3

中2の夏頃。

経緯は忘れてしまったのだが、
自分で精液を出す方法を友達から聞いた。

ただ、その時教わった方法は、
勃起した陰茎を両手の手のひらで挟み、
木の棒で火を起こすように、
シュルシュルシュルシュル・・・って両手でこするやり方。

初めて試した時は、
いつまで続ければ射精できるのか分からず、
かなり戸惑った記憶がある。

ヌルヌルが出てきてストップして、
また始めて、ストップして・・・・・。
その内、だんだん変な気分になってきて、
このまま続けちゃったら、もしかして・・・、
って続けていたら・・・・・、

じゅわーっと何かが凝縮されるような快感が発生。
夢精に近い感覚。

これ、これ、これ、これ!
この感じ、この感じ、この感じ!
・・・・ってなって、
ペニスの先端、尿道口を見ていたら、

びゅるっ!

って、精液が飛び出てきた。

やった、出た!

・・・って、私はある種の感動を覚えながら、
勢いのよい射精に続いて溢れ出てくる精液をぼーっと
見つめていた。。

ちなみに・・・、
握って上下にしごく方法を知ったのは、それから数ヶ月後。

学校の休み時間に、
両手挟みオナニーの方法を教えてくれた友達が、
私の人差し指を両手で挟んでシュルシュル・・・って
ふざけていたところを、とある女子が目撃。

「なにそれ。
 ◾️(私のニックネーム)って、そうやってんの?
 変なの。
 男子って、こうやるんじゃないの?」
そんなことをその女の子は言いながら、自分の片手の人差し指を
もう一方の手で握って、上下に動かした。

「え? まじ?」
友達と私はびっくり。

他の友達に聞いてみたら、聞いた全員が上下に動かす方法で
オナニーをしていた。

家に帰って早速(?)試してみたら、
上下の方が簡単で、しかもより気持ち良くなれることが分かり、
それ以来は上下の方法に変更・・・。

・・・そして、現在に至る(笑)

スポンサーサイト
[PR]

テーマ:えっちな体験談・告白 - ジャンル:アダルト

  1. 2021/01/08(金) 02:02:43|
  2. 思春期の思い出
  3. | コメント:0
<<「エッチ雑誌の購入」 思春期の思い出・その4 | ホーム | 「初めて目にした自分の射精」 思春期の思い出・その2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する